カテゴリ:くるみの健康( 58 )

くるみの尿漏れ 2018夏

この週末も暑かったですね。家でも外でも汗ダラダラです。

でも食欲は落ちない。

つまりは痩せない。


*****


先週からの尿漏れの続きです。

家で検査しても、特にpHは高くはなかったのですが、先生が調べたら7.5でした。まあまあ高い。やっぱり試験紙の自己判断は、目安程度にした方がよさそうです。


c0357573_16412058.jpg

比重は基準値1.03なので、問題ありません。pH以外は大丈夫でした。膀胱炎の疑いはないようです。

すると、やはり原因は括約筋の緩み??



今回は最初から括約筋の緩みを疑い、「エストリール錠 0.5mg」を投与となりました。前回よりも少ない、1日1錠からのスタートです。こちらを2週間投与して、症状が治まっているようであれば、徐々に量を減らします。木曜の夜に投与したら、翌日から漏れの症状はピタッと止まりました。

このホルモン剤を投与することによる副作用ですが、乳癌や貧血は気を付けなければなりません。でも以前も先生が言ってましたが低用量であれば大丈夫でしょうとのこと。

取り敢えず、尿漏れによるくるみのストレスが改善出来ればいいです。

そして、そして、もう一つ気になってることも診てもらいました。

それは体中に出来ているイボです。くるみはイボが出来やすく、ニキビのように表面に飛び出して出来るものや、皮下に出来るものと両方あります。大小様々です。その中で左肩の皮下に出来たものが、段々大きくなってきていたので、それを診てもらいました。


c0357573_17124591.jpg

わかりにくいのですが、2㎝サイズの丸い出来物が皮下にあります。その場で細胞診をしてもらいました。グレーだった場合は、検査機関に出します。

血液採取用の注射をプスッと。くるみさんは大人しかったです。注射は大丈夫ですが、肛門腺絞りが大キライ。ギャーギャー言ってました(笑)。

結果は、細胞診では特におかしなものは映ってませんでした。他にも同じ皮下の出来物がありますが、恐らく同じ「表皮嚢腫(のうしゅ)」だろうと↓。

c0357573_17201071.jpg

様子見で大丈夫のようです。大きくなるようならまた相談します。素人では良性、悪性がわからないので、取り敢えず心配なものは、すぐ先生に!

c0357573_17125479.jpg

くるみ 『ママは心配性なんだから。』

くるみもシニア域に入ってるもんで(ママと一緒)、色々な病気が出てきますからね。気を付けないとね。



あ~、イボは何ともなくて、良かった~~(´▽`;)。


尿漏れについては、引き続き様子を見ます。





by sunny-side_upup | 2018-08-06 08:22 | くるみの健康 | Comments(2)

尿漏れ、ふたたびのふたたび 2018夏

まあた始まっちゃいましたよ、くるみさん。

先週位に一度ポタポタと垂らしていた日があったのですが、一時的なものですぐに落ち着きました。念のため以前買った試験紙でpHを調べましたら、6.0~6.5だったので、しばらく様子を見ていました。

が、昨日しきりに漏れを気にする仕草が見られ、我が家のリビングにちっちゃな尿の池が出現したので、即先生に予約です。


c0357573_07420088.jpg

私 「ねえねえ、くるみさん、また始まっちゃった?」

c0357573_07423241.jpg

本犬、尿漏れ以外は至って、というか、めっちゃ元気です。本当に10歳でしょうか?年齢詐称疑惑も(普通、上に詐称しない)。朝ご飯時は、廊下をすっ飛んでますので、ご安心を。

他にも気になることがあったので、もともと今月診察予定でした。ちょうど良かった。


病院のお姉さん 「くるみちゃ~ん、診察室にどうぞ~。」

c0357573_07384828.jpg
病院でのくるみさん


くるみ 『え”???』


検査結果は、また来週。



来週もまた、見てくださいね!←サザエさんかい!






by sunny-side_upup | 2018-08-03 08:16 | くるみの健康 | Comments(4)

歯みがきガム グリニーズ

楽天でくるみのご飯やシートを買う時に、あと少しで送料無料になる時にはおやつを追加します。

今回歯みがきガムのグリニーズが安かったので、買ってみました。歯みがきガムは、ほぼ噛まずに丸のみの娘には意味がないので、買うことは滅多にありませんでした。

薬だろうが歯みがきガムだろうが、ご飯以外に貰えるものは何だって嬉しいくるみたんは、ヨダレを垂らしながらママの手元にロックオンです。

お風呂上がりのご褒美にも。


c0357573_17573372.jpg
じっ


c0357573_17584073.jpg
これって歯ブラシの形なんだ!←いまさら


c0357573_17595943.jpg
あむ


c0357573_08053372.jpg


c0357573_18023512.jpg
くちゃくちゃ


くるみ 『ママ、ガムちっちゃいってば。』

ごめんごめん、超小型犬用だった・・・(´▽`;)。





~ おまけ ~

一旦収まったかに思えた強風はまだ続いていて、毎日床掃除と格闘です( ̄д ̄)。






by sunny-side_upup | 2018-07-04 09:20 | くるみの健康 | Comments(2)

6月のフィラリア予防薬 & 迷い猫

一昨日から隣のアパート付近で仔猫の鳴き声が聞こえました。雨の中、見に行きましたが姿は確認出来ず。

昨日もまだ仔猫が鳴いてます。よく見ると、立体駐車場に白黒の長毛の仔猫がいました。ここで捕獲したらその後どうしよう、親猫がいるのならその仔を探すのではないだろうかと考えましたが、車の往来があるので事故が心配です。

出張中の夫に、保護してもいいか電話しました。

私 「保護したら、うちで飼い主さん探すことになるよ。見つからなかったら、うちの子になるよ。」

夫 「しょうがないよね。洗濯ネット持って行きなよ。」








神( ;∀;)!!  ← いつもはオニ







夫は即答でした。私はくるみが受け入れるのか、保護をした後のことや、里親さんが見つからなかった時のことなど、色々考えたんです。子供の時は、後先のことを全く考えずに保護したのに。

でも夫が即決してくれたので、すぐにバッグにかつお節、おすわりくん(猫用のご飯がない!)、洗濯ネット、携帯を持って何度か向かいました。姿は確認出来ましたが、警戒心が強く、ゲージがないと保護は難しそうな仔でした。

事故に遭わなければいいのですが、まだ元気よく鳴いてるので、しばらく様子を見ます。取り敢えず、夫からの許可は出ましたのでね。



*******


軽井沢に行ったので、今月もノミ・ダニ対策のネクスガートで予防です。


c0357573_16554983.jpg

c0357573_16563563.jpg
/ 欲しい人っ!もとい、欲しい犬っ!! \


c0357573_16565714.jpg

c0357573_16570590.jpg

c0357573_16571471.jpg
が~~

c0357573_16574955.jpg

はい、ごちそうさまでした。お・わ・り。

c0357573_16575898.jpg

くるみ 『え?食べてませんけど。』


いいえ。しっかり食べたの確認してましたから。







by sunny-side_upup | 2018-06-22 08:27 | くるみの健康 | Comments(0)

フィラリア陽性はそれほど怖くない

今日の内容は、あくまでも、専門家ではない私の個人的な意見です。もちろん症状が進行して重篤なワンコもいるので、この病気を楽観視してるわけでは決してありません。

症状には個体差があり、くるみの話がすべての子に当てはまるものではないので、そこも踏まえてお読みくださいね。

******


くるみはフィラリア陽性で我が家に来ました。



先代犬のウランの次に迎える子がフィラリア陽性ならこの治療を試そうと思ってました。私にとって、迎える子が陽性でも陰性でもどっちでも良かったのです。

ラッキーだったのは、かかりつけになった獣医さんがボルバキア治療に協力してくれて、尚且つ、吊り上げ手術の経験者だったこと。この獣医さんとのご縁でくるみが助かった部分が大きいと思ってます。

※このボルバキア治療法も、全てのワンコに出来るものではなく、残念ながら、薬が合わない子もいるようです。その時はフィラリア予防薬の通年投与で陰転を目指すことが多いようです。

将来、くるみの姉妹(兄弟)ワンコを迎える時がくれば、今度は陽性の子を迎えようと思ってます。フィラリアは、症状にもよりますが、陰転する可能性が高いこと、相談できる獣医さんが近所にいること、陽性ということを意識して生活すれば、それほど怖い病気ではないということからです(陰転しても多かれ少なかれダメージは残ります)。

それと、くるみは陰転したとはいえ、肺や心臓に後遺症が残ってるので、陰性の子と一緒に生活をすると、お互いに何かしらの制約を受けるのではと考えました。片方だけドッグランに連れて行くとか、くるみにあわせて2匹とも運動を制限するとか。これってどちらもかわいそうです。それならば、妖精陽性の子同士(くるみは現在は陰性)でまったり暮らすのもいいんじゃないかと。

このブログで、フィラリア陽性だの陰性だの、陰転後の後遺症だのと書くと、これから保護犬を迎えようとしている人たちが陽性の子を避けるのではないか、と夫が心配しています。

でも良いように考えると、くるみは陽性だったからこそ、毎年の健康診断と定期的な診察を受けていて、後遺症による体調の変化や、どの子でもなり得る、加齢による病気の兆候を見逃さないようにしています。うちの子は健康だから大丈夫、と思って過信するよりは、よっぽどいいのでは。

何度も言いますが、フィラリア陽性だからといって、そんなに身構えることはありません(何度も言いますが、症状によります)。

今ワンコを飼っていて予防をしてない人には、フィラリアは、例え将来治療で陰転しても後遺症が残る病気だと知ってもらいたい。狂犬病予防と一緒に、フィラリア予防を必ずしてもらいたい。これを言いたいだけです。

夫 「このブログを読んでる人は、そんなこととっくに知ってると思うよ。」

そうなんだけど、もしかしたら何かでここに辿り着いた人の目に触れるかもしれないじゃんね。


犬を飼ううえで、フィラリア予防が当たり前のことになって欲しい。


c0357573_15325503.jpg

くるみ 『そんなこと言ってて、あたしの将来のキョウダイは、フィラリア陰性だったりして。』

あり得ないことじゃないけどね。





~ おまけ ~

ちょっと前に届いたのですが、狂犬病予防のお知らせと一緒に、今年もこんなチラシが入ってました。


c0357573_15081502.jpg
「えっ!?打ってないの?狂犬病注射」




私に言わせたら、「えっ!?やってないの?フィラリア予防」です。




by sunny-side_upup | 2018-05-28 07:30 | くるみの健康 | Comments(2)

フィラリア予防薬開始

土曜日に尿検査と、フィラリア予防薬をもらいに獣医さんに行きました。

c0357573_13014428.jpg
病院に行くことを知らずに、マーキングに勤しむ呑気な娘


c0357573_13151253.jpg
連れてこられた理由がイマイチわからない娘


ウロ・キャッチャーなるもので、ちっこを採取して検査します。

2018年    3/10   4/8   5/12
pH      8.0    6.0   6.5
比重      1.041  1.051  1.045
タンパク    +     ±     ±

※比重の基準値 1.03以上


今回の結果も問題なしでした。潜血も沈渣も問題なし。ホッ(∩´∀`)∩

次回は2ヶ月後に再検査です。爪切りも、肛門腺絞りもまあまあ大人しくされてました。


c0357573_13285345.jpg

さて、今年初のフィラリア予防薬です。

ノミ・ダニ対策も一緒のネクスガードです。那須に行ったのでね。

c0357573_13344969.jpg
狙ってる


「はい、どう」

c0357573_13360177.jpg


「ぞ」

あうっ。手ぇ喰われた。

c0357573_13392172.jpg
ぱくぱく、くちゃくちゃ


って、するほど、量はないけど。

c0357573_13400067.jpg

くるみ 『んまいっ!おかわりっ!!』

おやつじゃないから。



先生に、ノミ・ダニ予防は食べるタイプと、フロントラインのような皮膚に投与するタイプと、どちらがお勧めか聞きました。今は食べる方が主流と言ってました。ワンコの身体に安全で、簡単に投与できる方がいいですね。








by sunny-side_upup | 2018-05-14 07:30 | くるみの健康 | Comments(2)

くるみの歯のお手入れ

くるみの歯のお手入れグッズ達です。

c0357573_10574410.jpg



普段は子供用歯ブラシで↑こんな感じで磨いてますが、奥歯内側が届きづらいので、たまにシートを使ってコキュコキュと磨きます。


本犬はもちろん、嫌がります。


c0357573_11011273.jpg

片手でカメラ持ってるので、こんな写真ですが。いやいやしながらも、一応磨かせてくれます。

抵抗はしながらも、決して拒絶はしないくるみたん。


c0357573_11005204.jpg

くるみ 『まあた、それ?』

歯ブラシとどっちがいい?



自ら進んで寝転んで、あ~んとお口を開けてくれたら楽なのに。




by sunny-side_upup | 2018-04-19 08:30 | くるみの健康 | Comments(0)

狂犬病予防接種

今年も”お注射”の季節がやってまいりました。

c0357573_13502898.jpg
引っ張る神のやらせの手


狂犬病注射を先にして、1週間すればワクチン接種が可能です。先にワクチン接種をすると、1ヶ月は狂犬病の注射が出来ないようです。ウランの時は、狂犬病集団摂取をしに、会場である公園にわざわざ車で行ってましたっけ。


c0357573_13501697.jpg
やらせだろうが何だろうが、カメラを見ない犬。


今回は、前回数値の悪かった尿検査も合わせてしました。


      2018.3.10   2018.4.8
pH      8.0       6.0
比重     1.041      1.051  基準1.03以上
タンパク   +        ±


今回は合格です(*´▽`*)。フードを1種類(ニュートロシュプレモ)だけにして、ヨーグルト、野菜を若干控えました。フード以外を一切止めたわけではありませんが、数値は正常値になりました。先生からもこのまま様子を見ましょう、となり、来月、再検査します。引き続き、家では試験紙で調べます(試験紙、山ほどあるし。何なら私も)。

注射前に爪切りをしたら大暴れで、肛門腺絞りの前には先生からはおやつのワイロ。くるみも現金なもんで、おやつをもらえば先生は良い人になるらしい。

注射はあっという間に終わりました。

そうそう、先日散歩の後にくるみの顔を我が物顔で歩くダニを見つけたので、ノミ・マダニ予防のネクスガードを買いました。


c0357573_13560560.jpg

ちっちゃなちっちゃなダニを見つけた時、目やに?と思ったのですが、足が生えてる事を確認!


c0357573_13561529.jpg
あむ


c0357573_13570486.jpg

くるみ 『注射をしたから、ちょっとだるくなるかな。』

いつもと変わらずでした。混合ワクチンの方が、だるそうにするときあるね。








by sunny-side_upup | 2018-04-09 07:40 | くるみの健康 | Comments(2)

くるみの尿検査

くるみのちっこのその後です。



pHが高かったので、あの後すぐに試験紙を買いました。

c0357573_15261131.jpg

これで2回調べましたが、何れも6.0~6.5位でした。弱酸性寄りなので、恐らく問題ないのかなと思います。

ドライフードを1種にしたのが良かったのか、多少他の食事にも気を付けたのが良かったのか、わかりません。

今月ワクチンを打つ時に尿の再検査をするので、同じ結果だと良いのですが。



c0357573_15443225.jpg

くるみ 『これで食事制限は、なし?』


それは先生と相談です。




~ おまけ ~


c0357573_15223024.jpg

花見散歩途中で、検査紙を持って、ちっこを採取してるの図(笑)。

マーキング娘っ子のちっこ採取は、本当に難しい。何度やってもかからないし、紙コップにもなかなか入らない。



どうしたもんじゃろの~(懐かしのとと姉ちゃん!)。







by sunny-side_upup | 2018-04-04 08:25 | くるみの健康 | Comments(0)

ドッグドック ~ 2018年3月 ~

今日、長いっす。


******


今年は早めの健診の予約をしました。ちょっとくるみの咳や息切れが、気になったので。

毎晩帰宅する度に「お帰りなさい、お帰りなさい♪」と、スリッパ咥えて廊下をチャカチャカ走ります。しっぽブンブンに真横に振って、その姿は何とも「萌え~(*´▽`*)」なのですが、その後ケホケホすることも少なくないので心配でした。

土曜の朝んぽ帰りに病院にウンとちっこを渡し、お昼に再度訪問して先生に気になる点をお話して、くるみを預けました。


c0357573_10345535.jpg
あたし何されるの??



そして夕方に迎えに行き、結果説明を受けました。

まずは血液検査の結果です。一覧にしてみました。←ヒマかっ!

c0357573_10502660.png

この年齢にしては良い結果だと言われましたが、GPTが高いので要観察となりました。

そして尿検査では、タンパクは+、pH 8.0、沈渣にストルバイトが出たので、こちらも様子を見ることになりました。

[尿検査]
・pHが高く、タンパク、ストルバイトが出てるので、食事で改善を図る。
(エコーで、本来真っ黒に映らなくてはならない膀胱に、キラキラと結晶が見えてました。)
・食事が原因かもしれないので、まずは、現在2種を混ぜて与えてるフードを1種にし、少ししてから検査します。
・膀胱炎とは言われず、抗生剤も出ませんでした。

そしてX線検査、エコー検査の結果です。

[X線検査]
肺がうっすらと白く写っていて、石灰化という症状です。これは以前からで、フィラリア症で組織が壊れた影響とのこと。一度壊れた組織は戻らないと先生はよく言います。検査中には特に咳も出てなかったので、今すぐの治療はなくていいとの判断でした。必要であれば、ステロイド系の薬で咳を落ち着ける。要観察。

[エコー検査] 心臓
・肺動脈弁逆流 / 三尖弁逆流: フィラリア症の影響。今後ひどくなれば投薬での治療になります。
・僧帽弁逆流: こちらは加齢による症状のようです。


先生が難しい言葉を使うので、一生懸命メモを取ってましたが、そのメモを見ても字が汚くて、何が何だかわからない内容で(汗)。


まずは尿の状態を改善すべく、混ぜている2種のフードのうち、どちらかがpHを上げている原因かもしれないので、フードを1種にして2~3ヶ月後に再検査します。アルカリに寄っているpHを弱酸性にしたいので、夜の食事時にあげている野菜も控えます(夫に調べてもらいました)。乳製品、納豆も少し頻度を控え、pHを調べる試験紙を買います。

肉や魚は問題なさそうなのでこのまま続け、その茹で汁などをフードに混ぜて、積極的に水分を補給をします。

年齢が上がると1年に1回の検診では足りないかもしれません。今読んでいる老犬の本にも「半年に1度の健診が理想」と書いてありました。ただ、そこは、各家庭のお財布事情もあるので、獣医さんに相談した方が良いですね。

我が家はフィラリア予防薬をこまめに取りに行っていて、そのついでに診察もしているので、それはこれからも継続していきます。


c0357573_10375133.jpg

くるみ 『え?また通うの?』





~ おまけ ~

c0357573_12480174.jpg

いつもと違うイベントがあると、疲れて寝ちゃうくるみです。




by sunny-side_upup | 2018-03-12 07:35 | くるみの健康 | Comments(0)


2014年に推定6歳で我が家に仲間入りした保護犬くるみとの日々をあれこれ綴ります


by sunny-side_upup

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
くるみ
くるみの健康
くるみごはん
くるみのブログ
土日のくるみたん
おうちごはん
外食
買ったもの
食べ物
生活
お出かけ
ウラン
私のこと
いぬねこ
その他
おもちゃ
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

お気に入りブログ

最新のコメント

> ぴのこさん そろそ..
by sunny-side_upup at 09:14
> ぴのこさん 渋滞予..
by sunny-side_upup at 09:12
そうそう、なんかオモチャ..
by ぴのこ at 13:34
お盆はどこにいっても混雑..
by ぴのこ at 13:33
> ぴのこさん 毎朝水..
by sunny-side_upup at 08:46
> ぴのこさん 中国産..
by sunny-side_upup at 08:43
本当に、ワンコって甘酒が..
by ぴのこ at 10:53
私もそのTVを見ていまし..
by ぴのこ at 10:51
> ぴのこさん 喜怒哀..
by sunny-side_upup at 08:46
> ぴのこさん ニコル..
by sunny-side_upup at 08:41

最新の記事

お風呂入ろうなんて言っちゃい..
at 2018-08-20 08:18
日曜日のくるみたん
at 2018-08-19 08:06
土曜日のくるみたん
at 2018-08-18 09:48
デキャンタクリーナー
at 2018-08-17 09:09
映画M:Iフォールアウト
at 2018-08-16 08:23

記事ランキング

検索

タグ

その他のジャンル

外部リンク

ファン